ライフ・ハック

【初書評】 「好き」を「お金」に変える心理学の感想です

好きなことで収入を得て生活していく

これは、まさに今の自分の目標です。そして、誰もが一度は夢見ることでは無いでしょうか?

ただ、いい仕事につき、年収をあげていく。

これは、本の冒頭でもあったように、本当の幸福とは結びつかないと思います。

こちらの本は正しいお金の使い方を教えてくれます。

なので今回は、実際に自分が好きなことを仕事に就くためのヒントになった部分を中心に感想を書いていきたいと思います〜!

経験、勉強への投資

好きなことへお金を注ぎ込むこと。

このことの重要さが、本の至るところで書かれていました。
例えば、、

特に20代、30代は、貯金よりも将来に向けた経験や体験、勉強にお金を使うべきでしょう。
・・・
節約してお金を貯めることではなく、自分の成長のためにどうお金を使うか、です。

p44

好きなことを好きで終わらせないためには、極める必要があるってことですね。

また、何の目的も無いままお金を貯めるよりも、未来の自分へ自己投資としてお金を使って行こうと思いました。

自分の場合は、

  • 英語
  • コンピュータ
  • 本のように知識が入るもの

にお金をかけていきたいです。

自分の好きなことをアピールする!

これは、最重要かつ日本人が苦手するところかもしれません。

友達と自分の夢について語りあうなんて、日常であまりありませんでした。。。

しかし、こちらの本では、友達のみならず初対面の方に対してでも、「自分の好きなこと」「得意なこと」を話すべきと書かれています。

言葉にすること自体が投資

この言葉を信じて、僕は最近自分の好きなことや夢を多くの友人に語っています。

確かに、他の人が、自分がやりたいことを知っててくれると、
思ってもみない所で協力してくれたりするかもしれませんよね!

承認欲求に気をつけろ!

承認欲求 = 他人に認められたいという気持ち。

これが、自分の好きなことへ投資するのを邪魔する大きな要因の一つらしいです。

確かに、新しい髪の色にしようとか、腕時計買おうとか、、、その理由を深く掘り下げると、自分が本当に欲しているというよりも、他人に見せたいという気持ちが強いのかもしれません。

確かに、たまにならいいですが、お金を使っていく目的が承認欲求を満たすことに変わってしまうのは危険ですね。

他にもたくさん、お金にまつわる大事なことが

今は、自分が一番印象に残っている点3つを紹介しましたが、本当にお金にまつわる多くのことが、この本に書かれています。

自分が購入した目的は、「好きを職業にしたい」でした。

しかし、この本にはそれ以上に、そもそものお金との付き合い方も大きく掘り下げられてました。

また、自分は幸いやりたいことが決まっていますが、そうで無い場合にも、1章丸々自分が好きなことを見つけるための章もありました。

なので、多くの「好きを職業にしたい」人たちにとって、とても為になる本だと思います〜!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です