大学受験

【難関大志望者向け】大学受験での英単語の覚え方。必要な語彙のレベルとは

こんにちはー、英語・海外が大好きなケントです。

 

今日は、受験生に向けて英単語を攻略していく方法をシェアしたいと思います。

難関大を目指してるんだけど、語彙力が足りない・・・
一体どのレベルの単語まで必要なん??
効率的に英単語を覚えるコツはある?

といった疑問に答えていきますね。

 

この記事を書いている僕自身は受験本番、
センター196点。2次試験130/150点(東工大)を取れるまでになったのですが、

やはり受験生時代は、、英語の中でも単語は厄介だなと感じてました

 

そんな経験を通しての、英単語の覚え方について

  • 効率のよい単語の覚え方・コツ【最重要】
  • おすすめの単語帳
  • 単語帳学習のその先【単語との向き合い方】

という感じでまとめています。

サクッと読めるようにまとめたので、勉強の合間にでも読んでみてくださいっ。

 

効率のよい単語の覚え方・コツ【最重要】

早速、みなさんが1番気になっているであろう覚え方から。

決して裏技のようなものは何もないですが、これらを守れば必ず覚えやすくはなるはずなので、とにかく実践してみてください。

 

やりがちな1日◯単語を辞める【基本は反復です】

単語暗記での究極のコツは”反復”です。

 

僕は、英語だけでなく受験勉強全般で、常に”反復”を意識していました。

理由は簡単で、人間の脳はそんなにかしこくないから。

 

そんなの当たり前じゃん

って思うかもしれませんが、実は間違った覚え方をしてて、全然反復してない場合が多い気がします。

最初僕もやってしまってた間違いが、、、

  • 1日10単語覚える
  • 1日5ページずつ覚える

といった1日〇〇系。

これって、毎日新しい単語を覚えようとしてて、反復になってませんよね(汗

 

1日10単語じゃなく、1週間70単語

では、どうすれば良いか?

あくまで1つの例ですが、僕がやってたのは、毎日同じ70単語を1週間反復する方法です。

1日10単語と比較するとこんな感じ↓

どちらも7日経てば70単語なのですが、、反復の回数が多い右のやり方の方が定着率が高いです!

 

「でも、1日70単語はキツイ・・」

って思うかもですが、「どうせ忘れるからってぐらいの気持ちで”サーっと”毎日70単語を見てく」感じでやると全然いけましたよ。

 

別に1週間70単語は例ですので、

ポイントとしては必ず同じ単語を反復して覚えられる仕組みを作ることですね。

ぜひ試してみてくださいっ!

 

その他、単語を覚える上での細かなコツ3つ

1、声に出す

”サーっと”見ていくと言いましたが、その中で僕が意識していたのは”声に出す”という点。

人間は、五感を多く活用させた方がより記憶に残りやすいと聞いたからっていう理由です。

また、アクセントも覚えられるので一石二鳥と思います。

2、言い換え表現があるかどうか

出てきた単語に言い換えの表現があるかも常に意識していました。

もちろん、その方が入試に活かしやすいってのもあるし、

関連付けられるので、記憶にも入りやすくなります。

3、実際に文章中での使われ方

前回の、難関大へ受かるための英語勉強法【ロードマップ付きで解説】でも書いたのですが、

単語そのものの直訳よりも、長文の中での使われ方になれることが入試では必要になってきます。

 

そこで、単語帳は例文が豊富なものや、長文がついているものを選ぶのがいいかなと。

オススメが知りたいって方に向けて、僕が実際に使っていた単語帳を紹介します↓

 

おすすめの単語帳

学校で支給されたからっていうのもあるのですが、

愛用していた単語帳は速読英単語シリーズ

 

  • 入門編
  • 必須編
  • 上級編

とあるのですが、僕が使ったのは必須編と上級編。

(1年生で必須編。2年生で上級編。という感じ)

 

速読英単語がおすすめな理由は、

  1. 上級編まで仕上げれば、かなりの語彙力まで上げれる
  2. いい感じの長文がある
  3. CDもあるから、リスニング対策にも使える

覚え方でも述べた通り、長文があるっていうのはかなり大きなポイントだと思います。

 

単語帳学習のその先【単語との向き合い方】

最後に、速読英単語の上級編・もしくはそれと同等のレベルまである程度終わった後の話をしたいと思います。

結論としては、これ以上の単語帳は必要ないかなと。

 

もちろん、このレベルに達しても過去問や演習をしていると知らない単語が出てきます。

ただし、それは、、、出題側からしたら「別に知らなくても解けるでしょ?」というものが多いんじゃないかなと。

逆にいうと、1つや2つ知らない単語が出てきても焦らずに、”構文を読み解く力”や”前後の文脈を読む力”を養って読み進めれる力が必要なんです。

 

結論。オススメなのが、自分ではまだ難しい単語も出てくるような長文演習をやりまくること。

そして、分からない単語が出てきた度にメモして、自分だけの単語帳を作りましょう!!

きっとその方が、入試でしっかり点を取る力もつくし、単語力もつくはずです。

 

けんと
けんと
常に単語帳見てる、”単語帳マニア”はNGって事がとにかく言いたかったんです笑

 

まとめ

以上が、僕の思う正しい単語学習の方法です。

軽くまとめると、、、

単語マスターへの道

◎覚えるコツ
・「反復」する事が最も基本かつ重要
・声に出す
・言い換え表現も確認しながら
・実際の文章中での使われ方

◎使った参考書
速読英単語の必須編と上級編

◎3年生・追い込み時期は
とにかく、長文演習。単語帳マニアはNG

といった感じです。ぜひ1つでも参考にしてみて下さいっ!

 

また、今回は単語に絞って話をしたのであまり詳しく書いてないですが、

単語と並行して、熟語に関しても1冊仕上げておくのがオススメです。

 

熟語に関しても、僕は学校に支給された「解体英熟語」を使ってましたが難関大レベルまで対応できてなかなかいいんじゃないかなと↓

 

このブログでは、他にも大学受験対策に関する記事をいくつか挙げてるので、ぜひ見てみて下さいっ

難関大へ受かるための英語勉強法【ロードマップ付きで解説】 文系・理系ともに重要な英語。 といった疑問のある高校生へ向けて、この記事では 英語という科目...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です