食べて、祈って、恋をして を見たらバリ欲が

外国人女性のバイブル?と言えるぐらい有名な「食べて、祈って、恋をして」。

1年かけて、3カ国を旅するというところに憧れて、Kindleで初洋書に挑戦してたのですが。。。さすがに挫折しました(笑

てな訳で、ジュリア・ロバーツ主演で製作された映画版を見ました!

映画の感想!

実は、映画全体的な感想は、個人的にイマイチでした・・

基本的に、
ジュリア・ロバーツ(主人公:リズ)が色々な男性とくっつきそうになりながら、、、うまくいかない。
の繰り返し(笑

どこかに難のある男性と出会い喧嘩になるところを見ててもあまり面白く感じれませんでした。やっぱり、どこか女性向きの映画なんでしょうか?

でも、生き方に刺激を

離婚になり、何もかもうまく行かなくなって、自分を変えようと1年の旅に出る

この一番軸となる部分に、すごく刺激を受けました!

もちろん、財力が無ければ1年間ただただ旅をするなんて不可能なので、自分じゃ不可能ですけど、こうやって思い切って旅するっていうのが本当に憧れです。

もし同じような、1年で3カ国をゆっくり巡る旅をするなら、どの3カ国を選びますか?

自分はパッと3カ国あげれないですが、この映画をみて絶対行きたいと思った国が1つあります🇮🇩

バリ島欲が爆発

バリ島行ってみたい。

その一言に尽きます。。。

美しい景色、人の温かさ、自分の時間をたっぷり楽しめるヴィラ。

今まで、海外といったら、西欧ばっかり行きたい国を挙げてましたが、アジアももっと知らなきゃなと反省しました。

死ぬまでに、とかではなく、近いうちにバリ島に行ってやろうと思います!!!!!

 

 

新たな目標、バリに行く!ができたところで(笑
まとめると、、、
映画自体はそこまで、オススメではないかもです。
しかし、イタリア・インド・バリ島の素敵な情景を映画で体感したい、1年間も何もせず旅するなんてどんな感じかきになるって人にとっては良い映画だと思います!

自分にとっては、バリ島のウブドへの行きたい欲を加速させてくれた映画でした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です