ライフ・ハック

僕が接客において大切にしてる3つのこと

serving

はい、どうもー!けんと(@kentn97)です。

今日は、「接客」をテーマに書こうと思います。

 

居酒屋・子守(的なバイト)・ビジネスホテル・旅館

と、かれこれ接客関係のお仕事歴は2年くらい。

いつの間にか結構ハマってしまい、やりがいを感じる事の1つです。先日、ゲストハウスでのアルバイトが決まったので、再び接客できるっ。

 

そこで、今回は僕が今大切にしてる”接客の3ポイント”をまとめます。

けんと
けんと
①3秒ルール
②知識
③素の自分

一見すると「誰でもできる!」って思われがちな接客だけど、むしろ、これほど直でお客さんへ実力の差が伝わるお仕事ってなかなかないのではないでは!?!?

 

接客のポイント① 話しかけるなら、3秒以内

3

接客に限らず常に大切にしてる事。

それが、話しかけるなら、3秒以内です。

けんと
けんと
勝手に「3秒ルール」って呼んでます(笑

 

これが、なぜ大事かというと、、、

人って”違和感”とか”ぎこちなさ”に対して凄く敏感だから。

日本人は特に、空気を読むのが得意なので尚更です。

 

極端な例だと、、、

  • 学生時代のクラス替えの時
  • 事前に知り合いのいない、イベントへ行った時

などに感じる、居心地の悪さありますよね?

 

レベルに差はあれど、同じことが接客にも言えます。

こっちが、お客さんに対して「話しかけるべきかな?いや、まだ待った方がいいかな?」とウロチョロしてたら、

お客さんは確実に居心地の悪さを感じてしまうはず(汗

なので、話しかけるなら3秒以内。それ以上グズるなら、いっその事話しかけない。を常に意識していますっ!

 

接客のポイント② とにかく知識をつける

notebook

そもそも、接客において一番大切なことは何でしょう?

様々な意見があると思いますが、僕がなるほどと感じたのが一生使える「接客サービスの基本」 に書かれてた、、、

お客様に満足していただくために必要なことは、感動を呼ぶような大げさな仕掛けやサビースではないのです。また、特別な才能も実はあまり必要ありません。

大切なことはたった1つー「目の前のお客様の不安と不満をまずは取り除くこと」、これに尽きるのです。

 

喜ばせる以前に、不安や不満を取り除こう!って事ですね。

そして、お客さんの”不安””不満”を取り除くためには、知識が必要と僕は考えてます。

 

アパレルなら扱う服はもちろん最新のトレンドだったり、自分なりの合わせ方。

僕がこれから働くゲストハウスなら、周辺への観光案内だったり、交通機関、日本文化など。

挙げればきりがないけど、知識としてインプットできることは何にしてもたくさんあるはずです。なので、どんな場合も常に好きな時間を見つけて、知識をつけるように努力してます。

ちなみに、この本は、接客のベースとなる考え方を理解するのに凄くオススメです↓

 

 

接客のポイント③ 素の自分で接する

最後のポイントは、”素の自分”で接客するです。

これは、お客さんの為はもちろん、自分のために

 

以前に、接客がめちゃくちゃ上手い先輩を見習って、キャラをパクろうとしてたんですが(笑・・・

まず、めちゃくちゃ疲れます。

 

背伸びしすぎたり、無理してキャラを作ろうとするのは、体に良くないんですよね。

けんと
けんと
そういう理由で、芸能人は結構ヤバいんじゃと個人的に思ってますっ😎

 

素の自分で楽しそうに接客できてる時が、

結局、お客さんに一番感謝される時とイコールだなって感じています。

 

まとめ

以上、僕が「僕なりに接客の時に気をつけていること3つ」でした。

 

専門学校で学んだ訳ではないし、長年のプロって訳ではないけれど、

2年間やってきてのポイントはまとめられたと思います。

  • 話しかけるなら、3秒以内
  • とにかく知識をつける
  • 素の自分で

 

参考にしていただけると嬉しいですっ。

 

◎合わせて読みたいっ

接客バイトのかけがえのない経験

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です